リサイクルインクカートリッジでコストダウン

コストを減らすリサイクルインクカートリッジ選び

リサイクルインクカートリッジを使用したいと考える人の多くは印刷にかかる費用を減らすことを目指しています。純正インクに比べると安いのには理由があることも理解して、インクを選ぶという視点を持つようにしましょう。

リサイクルインクカートリッジが安い理由

リサイクルインクカートリッジが純正インクに比べて安いのには三つの理由があります。一つ目はカートリッジ部分を洗浄してリサイクルしているので、カートリッジの生産費用がかからないからです。もともと安価に作られているのは確かですが、ICチップが入っていて意外に費用がかかっているのがカートリッジ部分ということは知っておくと良いでしょう。二つ目は製造している会社が費用が安くて済むインクを使って充填をしているからです。そして、三つ目として純正インクはメーカーによる保証が付帯しているため、その分の費用が上乗せされている面があるでしょう。これらが合わさることによって純正インクの半額というものすら登場しているのです。

製造している会社は複数ある

メーカー以外の会社が製造しているのが一般的なのがリサイクルインクカートリッジですが、リサイクルを行っているのは一社だけではないのが通常です。そのメーカーによってリサイクルのための工程や作業内容も異なり、使用しているインクにも違いがあります。それが大きな理由になって、同じプリンターや複合機に対応しているリサイクルインクカートリッジであっても価格差が生じているのです。安さを追求すれば半額前後のものもありますが、1割程度しか変わらないものもあります。それはリサイクルの過程でどれだけ費用をかけているかやインクの種類によって左右されている部分が大きく、印刷の品質にも影響する可能性があるので注意しておきましょう。

汎用インクや互換インクも考慮

リサイクルインクカートリッジ以外にも印刷にかかる費用を安くするために選べるインクカートリッジもあります。汎用インクや互換インクが代表的なものであり、これらも比較した上で最も良いものを選ぶようにしましょう。汎用インクはメーカーが生産して他社のブランドやノーブランドとして販売されているものであり、互換インクは他社が同等品としてカートリッジから全て生産しているものです。それぞれに特徴があるので一長一短と言えます。汎用インクや互換インクに比べて環境調和性が高いのはリサイクルインクカートリッジに共通していることです。持続可能な社会を目指す上ではリサイクルインクカートリッジに目を向けるのも大切という視点も合わせて持っておくと良いでしょう。