コストを下げながら環境へも配慮できる

電機店などでインクカートリッジの回収ボックスを目にしたことはないでしょうか?あの箱に入れられた使用済みのインクカートリッジは分解・洗浄後、再びインクを充填し、リサイクルインクカートリッジとして出荷されます。プリンターの普及やエコの観点から注目を浴びるようになりました。

複雑な構造をしたカートリッジの容器

リサイクルインクカートリッジが一般化してくる前は、使用後のインクカートリッジは当たり前のように廃棄されていました。しかしインクカートリッジは精密な印刷に対応できるものであり、緻密な技術と行程で製造されています。それを再利用することで製造コストを抑えられないか?という疑問からリサイクルインクカートリッジの製造が始まりました。
最近では純正インクよりも使用する人が多いと言われるほどに市場が成長しましたが、その背景にはエコ意識の高まりや、プリンター機器を個人で使用する機会が増えたことがあります。個人で使用する場合の多くは、ビジネスで使用するよりも色の基準に対して柔軟性があります。そのニーズを上手く捉えた結果であると言えるでしょう。

印刷コストの削減にも役立つ

リサイクルインクカートリッジの導入当初は純正品よりも単価が高くなっていましたが、リサイクル技術の発達によって価格が随分と下がってきました。現在では純正インクの3分の2ほどの価格で販売されることが多くなっています。
色味については純正品と比較すると若干の違いはありますし、粗悪な品質のものでは不自然な色合いになってしまうケースも発生しているようです。しかし大手のメーカーが製造したリサイクルインクカートリッジでは、生産者による微妙な色味の違いはあるものの、それが問題になることはまずありません。単色印刷については純正品と全く変わらない出来映えになります。
まだ新しい市場であることから、価格が極端に安い業者が多くあります。あまりに低価格なものには手を出さず、信頼できるメーカーのものを使用するべきです。

プリンターの本体価格が高くなるかも?

生産技術の革新により、リサイクルインクカートリッジの品質は今後も向上し続けるでしょう。一部ユーザーの意見として出ている、キメが若干荒いというものもいずれは改善されます。
しかし純正インクを買わない人が増えてくると、プリンターを製造するメーカーは消耗品での収入源を失うことになります。これまではインクでの利益を考慮してプリンターの価格を設定していましたが、それが不可能になることでプリンター本体の販売価格が上がる可能性があります。機器メーカーとしては今後新たな収入源を作っていく必要があるでしょう。もしくは純正インクの価格をリサイクルインクカートリッジの価格に合わせてくるのかもしれません。ユーザーにとって有利な形になるように期待したいものです。